【エクストレイル 新型】4WDのスペックと能力をライバル比較した

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

日産の本格派SUV「エクストレイル新型」。

デザインも一新されより一層、注目されるようになりましたね。

SUVと言えば4WD。

今回は、エクストレイル新型の4WDについて考えてみましょう

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】の4WD仕組み

エクストレイル新型の4WDは「日産独自のインテリジェント 4X4」の方式を採用しています。

インテリジェント4X4は電子制御による4WDです。

アクセルを踏んだその瞬間から、各センサーからの情報をコンピュータが分析し、4輪の前後トルクを最適な状態に制御します。

具体的には3パターンのモードを切り替えることで適応します。

①LOCKモード

引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/performance/4WDsystem_01.jpg.ximg.l_4_m.smart.jpg

雪道の勾配の急な坂、轍など凹凸の激しい路面での脱出や走行で前後のトルク配分を固定し走破性を向上させるモード。

②AUTOモード

引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/performance/4WDsystem_02.jpg.ximg.l_4_m.smart.jpg

未舗装の道路や、雪道で前後のトルク配分を自動で随時、配分するモード。

これにより、安定した走行を実現します。

③2WDモード

引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/performance/4WDsystem_03.jpg.ximg.l_4_m.smart.jpg

高速道路や街乗りでは、2WDで無駄にエネルギーを使うことなく燃費優先で走ることももちろん可能です。

これにより滑りやすい路面でも、通常の道でも問わず安定した走行実現し、さらにはエクストレイル新型では、必要なパーツの軽量化を行い燃費も向上しているそうです。

そのほかにも、日産の最新技術を4WDに適応させています。

見ていきましょう。

・ビークルダイナミクスコントロール

ブレーキとエンジンの出力を、ドライバーの運転操作やスピードをセンサーが検知し自動で制御します。

・ブレーキLSD

道路状況によってブレーキを掛ける車輪をコントロール。

前輪がスリップした場合は前輪を、後輪がスリップした場合は後輪をブレーキング。

スリップしていない側のタイヤのグリップを効率的にパワーを伝達することによって、特別滑ることもない乾いた路面と、雪や雨で滑りやすい路面が混在していても安定した加速と発進を可能にします。

引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/performance/x-trail_1707_performance_002.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

・インテリジェント ライドコントロール

ライドコントロールは車体振動抑制システムのこと。

車乗るのであればSUVは特に凸凹道を走るので、揺れには意識がいくものです。

ライドコントロールでは、凸凹による振動をエンジンとブレーキによる制御で、さまざまな道で安心感と乗り心地をもたらしてくれます。

・インテリジェント エンジンブレーキ

コーナリング時は、電子制御によりエンジンブレーキ調整で速度を適切にコントロール。

ブレーキング時は、ブレーキ操作に合わせてエンジンブレーキを適度にかけ速度をコントロールしてくれます。

まるで、ドライバーであるあなたの運転がワンランク上達したような快適なコーナリングをできます。

・インテリジェント トレースコントロール

インテリジェントエンジンブレーキと同じくコーナリング時に効果を発揮する機能です。

こちらの場合は、山道や高速合流時に速度と運転操作をセンサーが検知し、4輪それぞれを適切にブレーキ制御することでコーナリングを快適に行えます。

長々と綴ってますが、エクストレイル新型のテーマは「最先端を相棒に」

アウトドアユースで自然を楽しむ目的のSUVであり、4WDと最先端の技術を合わせることでそれらをより楽しく、より快適にドライブを楽しませてくれそうですね。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】の4WDの口コミ評価

エクストレイル新型の4WDの評価をまとめてみます。

最新の技術の導入はユーザーにどのように受け入れられているのでしょうか。

・なんちゃってSUVが多いのが最近の車事情。エクストレイル新型は本格派として時代背景もあり個人的には走行に関して最高評価だ。

・売れているだけはある、4駆としてそ走破性は十分。カスタムしたい一台

・多少の悪路では、全然動じないですね。ハイブリッドも、パワーバランス上手くとれてる。

・山道走行、砂浜と旅行で運転しましたがスムーズに走ります。

・悪路走行時の揺れが先代と比較すると改善されている。

アウトドアシーンで利用される車は、車好きのユーザーが多く辛口な評価が多いと思っていましたが、意外にも電子制御の導入は好印象なようですね。

オフロードだけでなく、パワフルで快適な車内はロングドライブでも乗り心地がよく疲れにくいという口コミもありました。

マイナーチェンジのデザイン変更の印象もよかったので、ますます良い進化をしたのがわかりますね。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】4WD性能をライバル比較

では、他車のライバルたちと4WD性能を口コミも含めて比較してみましょう。

①ホンダ ベゼル

引用:引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/hybrid/image/hybrid/pic_hybrid_CBP.jpg

当然ながら、比較したのは「ホンダ ベゼル」ですよね。

その走行性能は、このような評価を受けています。

・燃費はいいが、SUVらしい悪路の走行はちょっと微妙かもしれません。滑りなんかはタイヤ交換である程度どうにかなるが、轍なんかはサスペンションの挙動が気になります。

・街乗りのフォーカスしたSUVという印象です。デザインはいいですね。

・ファミリーカーとして購入したのでオフロードはあまり意識していない。

・ビーチを走ってみたが、ハンドルを持っていかれる不安感はありました。

少々、オフロードに関しては辛い印象ですね。

もちろん、燃費とデザイン性では価格を考えても良い車ではあります。

②マツダ CX-8

引用:http://jp.mazdacdn.com/common/assets/cars/cx-8/img/exterior/cx8_exterior_hero_img2_1709.ts.1709140203250000.jpg

マツダの代表格CX-8の大柄なSUVはどうでしょうか。

・舗装されて路面が得意なのがマツダのイメージ。雪道はやはり苦手のようです。

・電子制御は悪くないが、凹凸の激しい悪路は走れるが得意というほどではない。

・大きさを考えた割には、揺れは悪くない。

・悪路走行は、簡単な凹凸はいけるが勾配が加わるとしんどい。

エクストレイル新型と同じく、電子制御の機能を搭載している。

従来よりも、走行性能は向上しているが街乗りの方がマツダ的には得意なようです。

③トヨタ ハリアー

引用:https://toyota.jp/pages/contents/harrier/003_p_007/image/performance/eng_hv/carlineup_harrier_performance_eng_hv_pic_18.jpg

トヨタの人気ハイグレードSUV「ハリアーの口コミをみてみましょう。

・ガソリン車は、明らかなパワー不足を感じられる。買うならハイブリッド。

・オフロードに関して、走ろうとは思わない。

・タウンユースで、快適な高級SUVの認識です。傷などを考えたら、アウトドア向けではない。

と、使い方的にもSUVというよりは舗装された道を快適に走行するためにステータス振りがされている印象です。

他車と比較した場合、走行性能、特に悪路走行を考えた場合にはSUVでこのサイズでいくと、もっとも優れている国産SUVであると「エクストレイル新型」は評価できるでしょう。

国内にとどまらず、海外のメーカーでもオフロードを意識したSUVは減りつつあります。

日産が世界に誇る本格SUV「エクストレイル新型」を名乗ってもいいのではないでしょうか。

【エクストレイル 新型】4WDの悪路走破性能

引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1803/top/usp01.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

エクストレイル新型の悪路走破性についてですが、これまでの記事を集約して考えると。

もう少し、小柄でオフロードのみに向けて作られた車と比較してしまうと差がでるとは思いますが絶対不利といえるほどの差は生じないと個人的には思います。

ここまで、燃費とロングドライブなどの乗り心地を重視するSUVで溢れている中、アウトドアユースでの走破性をここまで実現させてきた「エクストレイル新型」。

もちろん、デザインも良く、十分燃費もいいことを考慮すると、車好きも納得の出来です。

ライバル車との比較を見てみても、悪路走破性に関してはエクストレイル新型の好評化率は群を抜いて高いのです。

【エクストレイル 新型】4WD まとめ

近年まれにみる数少ない本格4WDといっても良いレベルのエクストレイル新型。

一般道走行も、かなり良いレスポンスで悪路も意外といける評価が目立っており、マイナーチェンジで電子制御との相性と実用性も良いことが再認識されました。

まさしく、「最先端を相棒に」できるようなSUVに仕上がっていると感じられました。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする