【エクストレイル 新型】車中泊できる?おすすめの車中泊グッズは

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

アウトドア向けSUVの大本命「エクストレイル新型」

実際のアウトドアシーンでの使い勝手の良さとして気になるのは「車中泊」。

今回はエクストレイル新型での車中泊と便利アイテム、注意点について考えてみましょう。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】車中泊向きか

まずは、エクストレイル新型が車中泊向けか否かを考えなければなりません。

車内のスペースを見てみましょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

ラゲッジルームの広さは十分に車中泊可能な広さと言えるでしょう。

あえて不安な点を考えるならば、ラゲッジルームの高さが845mmなので理想であれば平均的な座高の高さ900mmは欲しいところです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/function.html

しかしながら、2列目以降フルフラットになるのは車中泊をする上で非常に優位性がありますよね。

嬉しいことに、エクストレイル新型はシート背面の防水、防汚加工が施されています。

車中泊の際、車内で食事をとることもあるでしょう。

そうした場面で、飲み物などこぼしても掃除しやすく利便性は高いです。

ラゲッジルームの全長174㎝と一応平均程度ではりますが、大柄な人が足を伸ばして寝るには少し窮屈知れません。

このラゲッジスペースは、前席については換算していないので座席を前へスライドすることも加味すると実質180㎝前後の全長を確保できそうです。

幅は、大人二人が横になってもある程度ゆとりのあるスペースが確保できそうです。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】車中泊するときの必須アイテム

エクストレイル新型に十分な車中泊スペースがあることがわかったところで、車中泊するための必須アイテムを考えてみましょう。

車中泊で必須となるのは寝具を中心とした以下の必須アイテムがあります。

・寝袋(あるいは布団)

・マット

・カーテンもしくはサンシェード

寝袋や布団は、車中泊すなわち車で寝泊りするうえで必須アイテムですね。

寝るという意味でマットは必須で、そのままの車内スペースで寝袋あるいは布団を敷いて寝ることも極端に言えば可能ですが、実際に寝ようと思うと固く寝心地も悪いです。

断熱、防寒という意味でもマットは必須になります。

カーテンやサンシェードは車中泊でのプライバシーを守るという役割と寒い冬は防寒、夏は断熱といった役割を担っています。

暑さ寒さは寝泊りする際には、非常に重要です。

熱中症で朝を無事に迎えることができない可能性も低くはないので環境作りで妥協はしないことをおすすめします。

必須アイテムがわかったところで、何を買ったらいいのかわからない方におすすめを各いくつかピックアップしてみましょう。

・寝袋

引用:http://amzn.asia/d/3R8rILP

アウトドア好きにはお馴染みの「コールマン」の寝袋です。

ナイロン生地が苦手な人が多く、こちらはポリエステル素材で重さも軽量でコンパクト。

デザインもおしゃれで、カラーバリエーションも豊富でおすすめです。

引用:http://amzn.asia/d/4VGac6J

布団はかさばるから嫌だ、だけど寝袋は苦手・・・。

そんな方には、「シュラフ」がおすすめですよ。

両者の不満を解決できるアイテムで、ちなみに画像のシュラフはアウトドア好き御用達のぶらんどスノーピークのセパレートオフトンです。

通常のシュラフにまるで、布団を一枚足したかのような寝心地でユーザーからは「他のシュラフはありえない。」なんて声もあるほど。

ちなみに、マイナス8度まで対応だそうです

・マット

引用:http://amzn.asia/d/d7nPqin

車中泊での要ともいえるマット。

積載の効率を考えると折りたたみ式かエアー式でスペースの節約も考えたいですね。

こちらは、「MEITAN 車中泊SUV専用マット」SUVで車中泊する際気になるホイール部分の車内の出っ張りまでカバーしてくれます

8000円程度が販売価格なんですが、エアー枕と専用の電動ポンプまで付いてくるコスパのいいおすすめできる商品です。

・カーテン、サンシェード

引用:http://amzn.asia/d/aYlWRIC

車中泊で、断熱、防寒は超必須項目です。

全てのガラスに装着できるような商品を買いましょう。

日差しや断熱、防寒はこれがある無しでは全然違います。

ちなみに、これはノーブランド品で全面装着セットで8000円程度と価格はリーズナブルです

各車種専用のモデルがあり、まったく透けないのでプライバシー保護の機能もばっちりです。

車内スペースや断熱防寒の機能性を考えるとカーテンよりこちらが個人的にはおすすめ。

どれも、車中泊を考えているのであれば必須のアイテムになります。

しっかりと揃えて車中泊にそなえましょう。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】あると便利な車中泊アイテム

車中泊の必須アイテムを揃えるだけでは寝ることはできても快適さ、居住性はやはり車中泊では満たしきれません。

まるで、家にいるような快適な車内をめざしたいのは車中泊好きの嵯峨です。

あると、車中泊のクオリティがワンランク上がる便利アイテムをいくつかピックアップします。

・インバーター

引用:http://amzn.asia/d/1RemW2v

便利グッズの大半は電気を使うものがほとんど、家で使うようなコンセント形状が使えると便利です。

もちろんポータブル電源があった方が無難ですが、その分値段も高く、ライトユーザーには敷居が高いというのが正直なところです。

スマホを充電したり、ノートパソコンなど家で使っているものを車でも使用できると流用が聞くので便利です。

・サーキュレーター

引用:http://amzn.asia/d/7CeZ263

ドライブ中のエアコンの循環を効率化させるのと、寝る時の快適さを確保するのにサーキュレーターはとても便利です。

もちろん、エクストレイル新型のラゲッジスペースにはソケット電源があるので7人乗りの3列シートでも効率よく使用することができます。

引用:http://amzn.asia/d/dbgdrVI

冷蔵庫を車内に準備しておくと、居住性は格段に上がりますよ。

食品や釣り釣果の保存はもちろん、出先で冷えたビールを飲んで車中泊で朝を迎えるのも醍醐味です。

車中泊用なら大きいものを揃える必要はなく2万円程度でも、十分に実用に耐えるモデルがたくさんあります。

便利アイテムを3点ほどピックアップしました。

すでに何回か車中泊したことのある方、車中泊をこれから始める方にもおすすめできる便利な車中泊アイテムです。

全部そろえても3万円未満で買えるので是非どうでしょうか。

【エクストレイル 新型】車中泊するときの注意点

フルフラットに防水シートのエクストレイル新型で、車中泊グッズも買ったし準備万端。

さっそく車中泊する前に注意点を押さえておきましょう。

・エコノミー症候群に注意を!

車内がいくら広々としていても、やはり家の中や外と比較すると閉塞空間にいることを覚えておきましょう。

息切れや胸の痛み、太ももが赤くはれ痛みを感じだしたら、それはエコノミー症候群のサインかも知れません。

無理をせず、病院へ行くことをおすすめします。

対策として、同じ姿勢で長時間いることを控え、適度に外へでて軽く運動したり、コマメに水分補給を心がけましょう。

・一酸化炭素中毒

車内を締め切って、雨天時や積雪時に暖房などを付けるためにエンジンを付けたまま長時間放置すると、車内に一酸化炭素が充満する危険性があります。

換気は非常に重要で、だからこそ空気の循環を良くするためにサーキュレーターをおすすめした理由の一つでもあります。

・駐車場選び

パーキングエリアやキャンプ場など、宿泊の許可された場所で車中泊をするようにしましょう。

間違っても、路上駐車での車中泊はしないように。

場合によっては、職務質問や罰金を科せられる場合があります。

どうしてもという場合は、その場の所有者に許可を取るなど対策が必要です。

【エクストレイル 新型】車中泊 まとめ

今回は、アウトドアで活躍が期待できる日産エクストレイル新型の車中泊に言及してみました。

最初は、敷居が高いかと思いますが車中泊のアイテムを揃え、マナーやルールに慣れてしまえば普段とは違った空間での一つの生活を楽しむことができます。

何気ない旅でも、車中泊のできる仕様であれば気楽に旅ができますし、いざ自然災害に見舞われても幾らか快適な生活ができる備えにもなります。

ぜひ、車中泊してみるとその魅力に病み付きになるでしょう。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする