【エクストレイル 新型】AUTECHバージョンのスペックと魅力

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

都会的な美しさを表現した、日産ならではの特別なパッケージ「AUTECH(オーテック)」

マイナーチェンジにより、SUVとしての走行性能、先進安全装備、現代的なデザイン性の磨きをかけたエクストレイル新型にも「AUTECHバージョン」はもちろんあります。

今回は、エクストレイル新型のAUTECHについてまとめてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】AUTECHバージョンとは

AUTECHについてご存じない方のために、ここではAUTECHとは何かをお伝えしましょう。

AUTECH以外のバージョンとして、日産車には「NISMO(ニスモ)」のグレードが存在します。

NISMOがスポーティに特化したカスタムがコンセプトで、AUTECHの立ち位置としてはプレミアムスポーティで特段に、プレミアムなスタイリングが重視されたカスタムと言えるでしょう。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

エクストレイル新型におけるAUTECHバージョンは「モードプレミア」と名付けられています。

プレミアの言葉通り、AUTECHの仕様としてエクステリア(外装)のカスタムで目を引くのがまず、メッキパーツの施しです。

エクストレイル新型 モードプレミア(AUTECH仕様)の専用エクステリアは以下の通りです。

・専用フロントバンパー(メタル調フィニッシュ)
・フロントマーカーLED&LEDヘッドランプ
・専用フルカラードエクステリア(ドアモール、サイドシルガーニッ シュ、ホイールアーチガーニッシュ、リヤバンパー)
・サイドターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メタル調フィニッシュ)
・専用リヤバンパーフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)& 専用デュアルエキゾーストマフラー
・専用 19 インチアルミホイール+タイヤ

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

先ほど説明した通り、メッキパーツ及び光沢のあるメタル調パーツが多数採用されています。

ここ最近におけるSUVのラグジュアリーなデザインの需要からしても、マイナーチェンジ後のエクストレイル新型の大きく主張するようになったVモーショングリルのフォルムとの相性は良いですね。

より、一層つよく存在感を色々な車が混濁するような街中でも出すことができる印象です。

また、メッキパーツとLEDのカップリングにも注目したい。

メッキパーツで醸し出される煌びやかさは、LEDの発光性と相性はよく夜間の走行時ではパーツと反射し美しくエクストレイル新型のシルエットを強調します。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

19インチのアルミホイールは、風車のようなスポークの配置は良く走りそう、よく回りそうな雰囲気を感じられ、やはり側面をブラックの配色にすることで、全面のメタリックシルバーが強調されています。

主張しすぎることのないキャップ部分のAUTECHのさりげないロゴが高級感を演出しています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

リヤエクステリアは同じくシルバー基調で高級感を演出していながら、四角いマフラーとバンパーの構造はモデルチェンジ前のエクストレイルをイメージさせるようなフォルムですね。

もちろん、インテリア(内装)もAUTECHバージョン専用の仕様が用意されています。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

エクストレイル新型 モードプレミア(AUTECH仕様)の専用インテリアは以下の通りです。

・ブラックレザーシート
・カーペットインテリア(フロア、ラゲッジ、ラゲッジボード)
・ピアノブラック調フィニッシャー(フロント&リア ドア)
・クイックコンフォートシートヒーター 運転席&助手席 二列目シート
・レザー調インストパネル(ソフトパッド)
・PTC素子ヒーター(ガソリン車のみ)
・SRSサイドエアバッグ〈運転席・助手席〉+SRSカーテンエアバッグ

そして、AUTECHモードプレミアの中でもホワイト基調の内装のハイコントラストインテリアを選択すると以下の変更がされます。

・本革巻ステアリング(ハイコントラストインテリア専用色)

・ストーンホワイトレザーシート(シルバー色ステッチ)

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

ハイコントラストと通常のモードプレミアの仕様では、ブラックとホワイトで好みが分かれそうですが、個人的にはステアリングにホワイトレザーを施しているハイコントラストの方が好みですね。

元々の、通常グレードでもエクストレイル新型はブラック基調で高級感のあるデザインなので、エクステリアでAUTECHバージョンで個性を出すなら、内装も拘りたいです。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/autech.html

注目のポイントは、単に色を変更するだけでなくステッチまで細かいところをハイコントラストのテーマに合わせて作りこんでいる点です。

シートヒーターなどのもハイグレードならではのメリットですよね。

乗車した際のプレミアムな車内空間は、機能性とデザイン性で運転するドライバーのみならず、一緒に乗る人まで心地の良い空間を作り出してくれます。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】AUTECHバージョンのおすすめユーザー

では、AUTECHバージョンのエクストレイル新型はどいったユーザー層におすすめできるのでしょうか。

具体的には、AUTECHのコンセプト通りアウトドアよりは街乗りやロングドライブ向けの使い方を考えてるユーザーにおすすめできるかと思います。

特にハイコントラストモデルに関してはホワイトのシートということもあり、汚れが目立つ配色となっているので、キャンプや小さなお子様を乗せる機会を考えると正直なところ実用的ではありません。

もちろん、他のモデル同様ラゲッジスペースに関しては防汚加工が施されているので十分アウトドアに関しても対応できるレベルですが荒っぽい使い方には不向きでしょう。

よって、プレミアム感が強く意識されAUTECHは仮にアウトドアでの使用も考えたら意識のもてるアダルトからシニア層に多く好まれそうです。

特に、夫婦やカップルでのナイトドライブは上品な見た目も相まっていい雰囲気が出せそうですよね。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】AUTECHバージョンは、買いなのか

結論から言うと買いでしょう。

先ほどの、おすすめできるユーザーには大いにアリなAUTECHバージョン。

SUVにラグジュアリー、プレミアム感を求めるのであればまさしくエクストレイル新型モードプレミアは選択肢として良いです。

価格も注目して考えると、モードプレミアはもっとも高価なグレードで360万円とハイブランド志向な国内のSUVと比較してもリーズナブルな価格設定でお手頃なんです。

車体の価格を押えて、変にお金の心配をしてカーライフを送るよりは、気兼ねなくストレスフリーで乗りたいですよね。

価格が安いからといって、エクストレイル新型はチープ感はなく十分そのジャンルで勝負できるようなクオリティーなので頭一つ抜けた走行性能の高さをとってみても人気で売れているのも納得できますよね。

【エクストレイル 新型】AUTECHバージョンのリセールバリュー

車を買うのは、大きな買い物で人生で一般的にそう何度もあることではありませんよね。

もちろん、長く同じ車に乗ることもいいですがAUTECHのような車好きに好まれる車はユーザーの考え的にも手放すときには少しでもいい価格で売り、次の愛車に費用を当てたい。

ようはリセールバリューが気になるんですよ。

AUTECHバージョンは、通常のグレードに比べて市場に出回る台数が少なく、前提として希少価値が高いです。

もちろん、エクストレイル新型も例外ではありません。

下取りよりは業者の一括査定なんかでは、その価値の評価が高く通常グレードより何割か高価に取引されるようです。

専用パーツが多く使われていることから、車体を購入してパーツをばら売りすることも業者としては美味しい部分でもありますね。

ここからは、憶測の要素もありますが次世代のエクストレイルが誕生するのであれば大きくモデルチェンジで見た目が変化してくることが動向的に予測できます。

モデルチェンジとなれば、旧フォルムでAUTECHとなると希少価値が上がる蓋然性は高くなりますよね。

そういったメリットもAUTECHのエクストレイル新型には考えられます。

【エクストレイル 新型】AUTECHバージョン まとめ

今回は、エクストレイル新型のAUTECHモードプレミアを紹介しました。

日産車の魅力でもある、AUTECHを含むNISMOやエクストリーマーXと言ったグレードは細部に至るまで個々のキャラクターを作り出す日産のこだわりが垣間見えます。

乗って楽しいのは、言わずと知れていますが調べながら品定めして迷っている段階でも楽しいですよね。

後悔のないよう、最高の一台を探してみましょう。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする