【エクストレイル T32】をカスタムパーツで決めるポイント

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

本格SUVとして人気のエクストレイルの現行モデルT32型。

車好きからも支持が厚いからこそ、今回はエクストレイルT32のカスタムパーツについてまとめてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル T32】ライト周りのカスタムパーツ

夜間走行の視界を良好に、さらには光の取り入れでドレスアップをするならライト周りのカスタムパーツを検討すべきでしょう。

現行のエクストレイル T32型のライト規格は、グレード別に異なるのでまずは純正の仕様を知っておきましょう。

エクストレイル T32型に搭載されるライトの部位は、LEDヘッドランプ車12種ハロゲンランプ車11種と多岐にわたるので今回はヘッドランプに限定して考えてみます。

ハロゲンランプ車では、ロービームのバルブタイプがH11(55w)ハイビームがH9(65W)なのでライト周りのカスタムパーツの基準として知っておきましょう。

ハロゲンランプを交換する場合は、先ほどの規格通りで購入すればまず問題なく取付が可能で、今現在で流通しているLED、HIDの中で最も流通量が多く明るさも劣るため安価に済みます。

省エネの観点からしてもLEDでカスタムを考える方が多いのではないでしょうか。

LEDランプでも最近は、5000円を切るほどの低価格で販売されているのも多くなってきましたが、熱対策がされていなかったり見た目より照射性が悪かったりと失敗しないためにも少なくとも1万円以上で検討するのが無難そうです。

引用:http://amzn.asia/d/idSbNKs

・Batberry アイラインフィルム 1,200円

手っ取り早く見た目を変えたい、電気関係のカスタムはちょっとといった方にオススメのカスタムはこれですね。

正面からの見た目を車の顔とするのであれば、ヘッドライトは目になります。

女性のお化粧でもアイライン一つでガラッと印象は変わるもの。

車にもアイラインフィルムは初心者でも施工しやすくオススメですよ。

引用:http://amzn.asia/d/dbQS4hK

・オールカープロダクツ プレミアムカスタムヘッドライト 参考価格 100,000 円

ただ普通にヘッドライト周りをカスタムするだけでは物足りないあなたに。

10万円程度で一見お金がかかるように見えますが、注目すべきはオールインワンで様々なチューンを一括に行える点。

定番として、プロジェクターと高輝度のLEDを内蔵していて印象を大胆に変更できます。

マットブラックのベゼル塗装も上手にヘッドライトのラインを際立たせてくれます。

個人的に評価したいのは「流星ウインカー」で、これは最近の高級車に多いですよね。

流れるようにウインカーを表示してくれる機能で、実際の走行の時にもまるでグレードがワンランク上がったような印象を付けてくれます。

スポンサーリンク

【エクストレイル T32】足回りのカスタムパーツ

足回りのカスタムパーツは、車好きの大定番でしょう。

快適性を重視してサスペンションを帰るのも良し、車高を下げてダウンサスでチューンするのもいいですよね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/nismo.html

・エクストレイル T32 NISMO サスペンションキット 参考価格  108,000円

エクストレイルをチューンアップする上で、最もT32型へ最適なバランスをとったサスペンションは何か?

といった質問があれば、必然的にNISMO サスペンションキットの名が挙がるでしょう。

日産車の売れ嬉しいところは、純正のパーツでコアなファンを満足させることが出来ることですよね。

自社のブランドだから、詳細までフォーカスして作りこむことができるのが当たり前と言えばそうなんですが、性能&ドレスアップのリバランスを考えた場合、もっとも答えに近いのはNISMOになりますよね。

引用:http://amzn.asia/d/3seetbc

・BLITZ DAMPER ZZ-R 参考価格  90,720 円

車好きの方には、大定番のメーカー「BLITZ 」。

人気車種のエクストレイルT32型だからこそ、社外品ももちろん良いモノがたくさん流通しています。

こちらの、サスペンションは純正のサスペンションと比較して乗り心地は固く感じられる評価が多く、決して悪い意味ではなくスポーティな乗り心地に対する好印象な評価です。

シャープで切れある乗り味をもとめる方に非常にオススメできるサスペンションです。

【エクストレイル T32】内装のカスタムパーツ

初代のT30型から現行のマイナーチェンジ後のエクストレイル T32型で、見た目が大きく変わりましたが、当時からさらに変化したのは内装ですよね。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

上の画像は、エクストレイル T32型の中でもリーズナブルな20Sのグレードの内装になります。

このグレードでも、ここまでのクオリティだから驚きですよね。

ここまで、完成された内装なのでここは純正の状態を生かしたカスタムを考えていきたいところ。

引用:http://amzn.asia/d/65heSqd

・ZATOOTO ハンドルカバー 2,890円

低価格、簡単取付のハンドルカバーはカスタムパーツと言えるか賛否両論ありそうですが、内装のバランスを損なうことなくグリップ感やもともとのハンドルの状態を保つという意味でも取り入れることは良い事ですよね。

握り心地一つで、ドライビングフィールは変化しますよ。

引用:http://amzn.asia/d/ddvZpnS

・ベルタワークス ledテープライト 32灯 999円

同じくお手頃価格でカスタムパーツを考えるなら、LEDテープもいいですよね。

ナイトドライブでの美しいドレスアップとして、特にエクストレイルのようなアウトドアシーンで活躍するSUVは、街灯のない自然の中で乗り降りの際に足元をスポットで照らしてくれる役割も担ってくれますよ。

スポンサーリンク

【エクストレイル T32】車中泊向きのカスタムパーツ

エクストレイル T32型の楽しみの一つとして、大きく広々とした機能的な車内空間は車中泊でも大活躍。

車中泊向けのカスタムパーツも考えなくてはなりませんよね。

引用:http://amzn.asia/d/2rROBYG

・アイアールシー T32 専用 遮光 ブラックメッシュ 日よけ タイプ  7,980円

車中泊の車内空間を最適化する上で、サンシェードは最重要です。

夏は密閉された空間の厚さを隔て、冬は寒さを

密閉された空間では、寝ることはおろかエコノミー症候群を引き起こしかねないので十分に準備を行いましょう。

引用:http://amzn.asia/d/cg1vSMR

・MEITAN SUV車用 エアーマット 8,180 円

車中泊で、最重要なのは如何に寝床としての寝心地を良くするかですよね。

実際に寝袋やマットを敷く前に、土台としてエアーマットはお勧めです。

大型のマットではなくエアーマットを選択したのには理由があり、積載性を考えると半分以下のサイズになるエアーマットは長距離ドライブでも気にならないです。

他にもキャンプグッズなどを積むことを考えると、小さいに越したことはなく土台としてエアーマットを導入するのであれば価格と機能性には大差はないですよ。

【エクストレイル T32】カスタムパーツ まとめ

今回は、エクストレイル T32型のカスタムパーツを考えてみました。

人気車種だからこそ、たくさカスタムパーツは流通しており、ユーザーの好みに合ったカスタム性の幅の広さはとても魅力的です。

ここで紹介した内容以外にも、自分だったらこれを付けたいという方もたくさんいらっしゃるかと思います。

よって、今回のカスタムパーツは比較的初心者でも取り入れやすいカスタムパーツそして、エクストレイルT32型をカスタムするのであれば定番格なものを紹介しました。

これからはじめて車弄りを始めようという方にもお勧めできますよ。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする