【エクストレイル】カタログ燃費と実燃費の違いを口コミで調べた

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

日産の本格SUV「エクストレイル」燃費カタログ燃費だけでは分からない実燃費に関する実際のユーザーの口コミをまとめてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル】カタログ燃費と実燃費の違いを口コミで調べた

まずは、T32型マイナーチェンジ後の現行モデル「エクストレイル」のカタログ燃費からまとめてみましょう。

グレード別に2WDor4WD、ガソリンorハイブリッドで大きく分別します。

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

①20S 2列シート 2WD ガソリン車 16.4 km/L

②20S 2列シート 2WD ハイブリッド車 20.8 km/L

③20S 2列シート 4WD ガソリン車  16 km/L

④20S  2列シート 4WD ハイブリッド車 20 km/L

燃費別に4通りグレードのカタログ値を並べてみました。

3列シートのグレードとのカタログ値による燃費の差はありませんでした。

ちなみに、ハイブリッド車ではハイブリッド専用バッテリーが別途、搭載する必要があることからか3列シートのグレードはラインナップされていません。

エクストレイルのハイブリッド採用における燃費のカタログ値の変化を考えてみると、ガソリン車のエクストレイルと比較してプラス4km/Lほど向上しているようです。

2WDと4WDの駆動方式による燃費の差は、ほとんどない点も注目すべきでしょう。

そして、エクストレイルT32型はAUTECHモデルとして「モードプレミア」、エクストレイルT32型のNISMOのパフォーマンスパッケージ「NISMO仕様車」、さらにはエクストレイルT32型の特別仕様車として「エクスリーマーX」が存在します。

公式サイトでは、カタログ値が公表されておらず比較の都合上、それらの仕様によって燃費は依存しないものと考えます。

次に、実燃費の比較として実際の現行エクストレイルオーナーの口コミはどうでしょうか。

カタログ値を参考に、2WDと4WDで差がでることはなく、ハイブリッドかガソリン車での燃費の差が顕著なことから、この二つに絞ってオーナーの乗り方と共に簡略化してまとめていきます。

①T32型 ガソリン車仕様の場合。

・納車したての状態から、およそ1000㎞ほどの走行で通勤と近所の買い物をメインに。

平均燃費は11km/Lほど。(実燃費11km/L)

・普段使いでは8~10km/Lと街乗りでは、調子の良いときとあるがいい結果とはいえず。

高速道路での長距離ドライブで15km~16km/Lと概ね満足していますが、街乗りの燃費は改善してほしい。(実燃費8~10km/L、15km~16km/L)

・通勤は、軽自動車で遠出する時や休日のみエクストレイルを乗っています。平均は目的地での移動も含めて平均11km/Lぐらいです。(実燃費11km/L)

大体の燃費は、平均11km/Lといった感じでしょう。

街乗りでの燃費は実際のところユーザーから不満が若干あるようです。

使い方としてはエクストレイルのコンセプトであるアウトドアユースであり、旅行での長距離ドライブで真価を発揮するというのがポジティブな見解です。

②T32型 ハイブリッド車仕様の場合。

・高速道路と目的地で合計400㎞のドライブ、15km/Lと個人的には優秀だと思う結果でした。(実燃費15km/L)

・市街地走行で12km/Lぐらいで、高速道路は22km/Lでした。クルーズコントロールは、もう少し燃費が落ちるのであまりお勧めしない。(実燃費12km/L、22km/L)

・都内在住で渋滞によく出くわす、13km/Lぐらいですかね。高速は19km/Lで安定しています。実燃費13km/L、19km/L)

とハイブリッドでは、SUVの割になかなか良い燃費ではないでしょうか。

クルーズコントロールが現行モデルのエクストレイルの目玉ともいえるので燃費面では、疑問視する声もあります。

先進的な技術である分、今後の進化に期待したですね。

スポンサーリンク

【エクストレイル】新型は燃費が向上したのか

さて、ここからの議題となるのは旧型のエクストレイルと新型のエクストレイルで燃費の向上はあったのか。

そういった観点で考えてみましょう。

ガソリン車でのカタログ値の新旧変化は、旧型が11.8km/L(2WD)で新型が16.4km/Lとおよそ4km/L向上しています。

一方、気になる実燃費ですが旧型が8から9km/Lで、新型が11km/Lと大台の2ケタ突破で走行性能などの基本性能のアップも踏まえると十分な向上と言えるでしょう。

2000年に発売された初代エクストレイルT30型と比較すると、ハイブリッドの存在はやはり大きく、倍近い低燃費を実現しています。

【エクストレイル】ハイブリッドと旧ディーゼルとガソリンと比較

では、今のエクストレイルにあった仕様と逆に、今のエクストレイルにはなかった。

ハイブリッドとディーゼル、ガソリン仕様車の燃費を比較してみましょう。

①20S 2列シート 4WD ガソリン車  11 km/L

②20S  2列シート 4WD ハイブリッド車 20 km/L

③DNT31 2列シート 4WDターボ ディーゼル 12km/L

といった感じになります、いずれも平均的な実燃費を参考値としています。

おどろきなのが、ディーゼルと現行のエクストレイルのガソリン車は実燃費はほとんど変わらないんですね。

低燃費技術のここ最近の進歩には驚かされます。

地球温暖化への世間の関心度の高さから、近年ではディーゼル車の割合も減り、それ以上のペースでハイブリッド車が普及してきている。

燃費で考えてみても、圧倒的にエクストレイルのハイブリッドモデルが好評価でしょう。

スポンサーリンク

【エクストレイル】実燃費をライバルと比較してみる

ライバルである他車のSUVの実燃費と比較してみました。

ここでは、一般的にライバルと挙げられる車種をいくつか挙げ、走行性能や価格ではなく実燃費のみで的を絞り、客観的に評価していきます。

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/type/gasoline/

①ホンダ ヴェゼル

ガソリン車2WDの市街地仕様での燃費は口コミやレビューなどを参考に平均値をだしてみると概ね12~13km/Lという結果に。

エクストレイルと同じく、ハイブリッド車もあるので調査してみた結果、平均で17km/L。

高速道路を使用した長距離ドライブでは平均20km/Lという結果でした。

おそらく、ライバル的な立ち位置としては比較する方が最も多いかと思います。

実際のところ、燃費ではエクストレイルと差がほとんどなく、この数値が基準値になるかもしれません。

引用:http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/grade/?link_id=sbnv#cx-8

②マツダ CX-8

次にマツダのクロスオーバー代表格CX-8。

ガソリンやハイブリッドではなく、クリーンディーゼル車は唯一の今回の比較対象となります。

一般道での実燃費が4WDで12km/L、FFで13km/Lとなり、高速道路では17km/Lという結果に大型な車体を考えたら◎。

引用:https://toyota.jp/c-hr/grade/?padid=ag341_from_chr_navi_grade

③トヨタ CH-R

皆さんの中でも最も新しいイメージだと思われるCH-R.

一般道走行での平均燃費はガソリン車の場合11km/L、ハイブリッドだと21km/L。

そして高速道路走行時は、ガソリン車の場合17km/L、ハイブリッドが25km/Lと今回の比較では頭一つ抜ける結果に。

では、わかりやすく3車種ほどの比較にとどめました。

ちなみに、現行の国産SUVで5人乗り~7人乗りで考えるとCH-Rが最も優れた燃費というのが口コミを調査すると分かりました。

短期間で、低燃費に対するハイブリッドの技術進歩は、かなりの速度で成長してきていることが分かります。

しかしながら、エクストレイルに関しては特段に燃費が悪いわけでもなく、ずば抜けて現在の国内SUVで優れているわけではないです。

基本的なSUVとしての走行性能に関しては、業界ではかなりレベルの高い仕上がりになっていることから走行性能を優先し、低燃費もしっかり実現させてきたというのが評価になりそうです。

【エクストレイル】実燃費は居住地域と運転方法で変わる

さて、ここまでエクストレイルに関する実燃費と他車種との実燃費比較をしてきました。

間には、実際のエクストレイルのオーナーの口コミ評価も含めてみましたが実燃費には数キロほど個人差が生じます。

決して、車自体に問題があるわけではなく実燃費は、車の走行環境とオーナー自身の運転方法で変化するものです。

当然、坂道の多い居住地域で乗られている方の燃費は、平坦な道で運転する機会の多い方と比べてのそれとは異なります。

ここで、一つ気になるのが居住地域を車のために変えることはできずとも運転方法で、「実燃費を上手くコントロールすことはできないか?」といった点です。

乗り方次第で燃費は良くすることが出来るもの。

カンタンな心がけとしては、

・車間距離を広く開ける。

・エンジンオイルやエレメントなど消耗品のメンテナンスは欠かさない。

・低燃費タイヤを検討する

の3つから始めてみましょう。

車間距離を空けることは、無駄にブレーキを踏まない習慣をつけるのに意味があり、特に言うのであればある程度、アクセルは強く踏んだ方がいいんです。

一定の速度に達したら、慣性で車を走行させ車間距離を適正に保ち、無駄にブレーキをして再加速のエネルギーを消費しない。

これは、かなり効果的なので試してみてください。

あとは、エンジンオイル等の消耗品の交換はマメに行うように、これは車自身の寿命を延ばすことにも繋がります。

エンジンオイルのメンテナンスだけを考えても、車の性能を長持ちさせるのを考えれば、しない方と比べると雲泥の差です。

低燃費タイヤも非常に効果的と言えるでしょう。

摩擦抵抗やロードノイズなど燃費だけに留まらず、車に良い変化をもたらすことは間違いないんです。

交換の際に、なんとなく安いタイヤを買うのではなく、お店の店員に聞いてみるのもいいでしょう。

【エクストレイル】燃費 まとめ

今回は、人気SUVエクストレイルのカタログ燃費と実燃費の口コミ評価を調べ、さらには気になるライバル車種との比較も行いました。

近年では、高級志向の街乗りSUVが流行っているなか、本格的なアウトドア系SUVとしての確かな性能のクオリティを挙げていきながら、低燃費も基準を下回ることなく十分に発揮するエクストレイルは人気になるのも頷けますね。

激戦のSUV試乗で、上手く差別化が出来ているエクストレイル、一度ディーラーで見学や試乗することをおすすめします。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする