【エクストレイル ハイブリッド】忘れてならないランニングコスト

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

日産の人気SUVエクストレイル、エコカーへの関心の高さからハイブリッドも人気です。

今回は、ハイブリッドを購入する方に忘れてはならないランニングコストをハイブリッドならではのバッテリーを中心にまとめてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル ハイブリッド】のバッテリー

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail.html

エクストレイル ハイブリッドのバッテリーは、鉛バッテリーリチウムイオンバッテリーの2つで構成されています。

それぞれ、鉛バッテリーはエンジン始動とエアコンやオーディオなどの電気を担っています。

一般的にガソリン車では、燃費を良くする際にアイドリングストップや、日産車だとセレナにも搭載されたSハイブリッドが目新しいですね。

アイドリングストップでの燃費向上とモーター動力2つ搭載した鉛バッテリーで補う形になり、負荷のかかりやすいパーツになります。

一方、リチウムイオンバッテリーは、充電出力のパワーに優れていることからハイブリッドカーでのモーターの動力源となります

エクストレイルハイブリッドでも、高い充電性能でリチウムイオンバッテリーに給電し、高い出力性能でスムーズな加速を実現しています。

また、充電性能と出力性能は鉛バッテリーと比較して寿命が長くなることにも貢献しています。

ここで、最も評価したいのはエクストレイルハイブリッドが明確にハイブリッド車であるという事。

鉛バッテリーは、鉛バッテリーの得意なエンジン始動と電気機器の動力源として、リチウムイオンバッテリーは、リチウムイオンバッテリーの得意なモーターを動かす動力源としての役割を明確に分割しています。

これは、次に説明するバッテリーのランニングコストに貢献するんです。

スポンサーリンク

【エクストレイル ハイブリッド】バッテリーの交換時期

さきほど説明したように、エクストレイル ハイブリッドに使用される「リチウムイオンバッテリー」は「鉛バッテリー」と比較して、ほぼメンテナンスフリーと言えるほど寿命が長い。

ハイブリッド機構に鉛バッテリーを取り入れ、モーターの動力源として使用しないのには充電と出力性能でリチウムイオンバッテリーが優れているという理由だけではない。

仮に、鉛バッテリーで代用しようものならば、前述した同社のセレナSハイブリッドでは鉛バッテリーの負荷が増えることから交換時期は早くなります。

一般的に、鉛バッテリーの交換時期は2~4年になります。

これは、使用されるバッテリーのメーカーによりばらつきはありますが、Sハイブリッドでの過負荷により2年を下回ることもあるんです。

その点、エクストレイルハイブリッドは長寿命のリチウムイオンバッテリーをモーター用に搭載しているので、本来の役割で鉛バッテリーを使用するため交換時期は一般的な目安通りになります。

スポンサーリンク

【エクストレイル ハイブリッド】バッテリーの交換費用

交換時期を知ったら、次に気になるのは交換費用。

ハイブリッド用のバッテリーに関しては、目安として20万㎞は持ち、メーカー保証も10万kmまでで交換費用は部品代込で10万円前後。

構造上、バッテリー上がりにはならず燃費が悪くなることがある程度でメンテナンスの機会は訪れない場合も多い。

ランニングコストとして気になるのは、鉛バッテリーの交換費用です。

まずは、バッテリーそのもの値段。

5000~40000円と性能やユーザーの求める車の使い方によって値段の幅は広く、今回は必要最低限の5000円を基準とします。

安いものは、質が悪いという印象は多いですが最近では、技術の向上により海外製、日本製かかかわらず十分な性能を発揮するものが多いです。

ショップで、交換を依頼するのでありば別途工賃も必要になります。

バッテリーの交換による工賃は500~1800円程度。

ここでの、エクストレイルハイブリッドのランニングコストを評価すると前述した正当なハイブリッド構造によるバッテリーごとの役割の分化の恩恵です。

モーターによる走行を、リチウムイオンバッテリー側で供給するので鉛バッテリーの負荷は一般車の役割程度でSハイブリッドもとい、多くのハイブリッドでない低燃費車(アイドリングストップなど)よりも、交換頻度は短くても車検ごとで良い点。

あくまで、個人差はあるのですが習慣的に車に乗るのであればバッテリーの交換頻度は少なく済みます。

アイドリングストップを採用し、燃費を抑えるガソリン車と比較して鉛バッテリーの寿命は長いでしょう。

【エクストレイル ハイブリッド】バッテリー交換を含め価値があるか

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior_interior.html

エクストレイルハイブリッドは、バッテリー交換のランニングコストを含め大いに購入する価値のある車です。

エクストレイルを新車で購入したとして、ハイブリッドとの価格差は30万円程度。

その代わりに、ハイブリッドの場合は「エコカー減税」「グリーン化特例」により購入時の諸費用が6~7万円安くなり、車検のたびに支払う自動車重量税も一定期間は減税となります

そして、年間のガソリン代も目安としてガソリン車よりも3割程度安く済むのでガソリン車より結果的にランニングコストは安く済みますよね。

ハイブリッドとしての、先ほどのバッテリーの効率的な選択により近年の低燃費ガソリン車よりも交換の頻度は余裕が持てることも好印象です。

さらに、効率化という意味でチェックしておきたいのが、ハイブリッドを選んだことでパワー不足を懸念される方が多いこと。

エクストレイルハイブリッドは、エンジンをハイブリッドに適応すべく最適化が行われており、低燃費と高いトルクの両立が実現しています。

ハイブリッドとは言っても、エンジンとモーターの効率化の図ることのできている場合においてはガソリン車のそれより加速性能は良くなります。

エクストレイルハイブリッドでは、エンジンの最適化が功を奏しガソリン車よりも加速がいいという評価もあります。

具体的に下記のニーズに当てはまれば、エクストレイルハイブリッドは「買い」でしょう。

・SUVとして、アウトドアスポーツを楽しめる本格仕様。

・ハイブリッドとして、低燃費&ランニングコストに優れている。

この二つのバランスをここまで良くとれているのは、エクストレイルハイブリッドだけといっても過言ではないぐらいに完成度は高いです。

エクストレイルを購入することが決まっており、3列シート7人乗りを考えないのであればハイブリッド一択が最も購入後のコストパフォーマンスは良いでしょう。

【エクストレイル ハイブリッド】ランニングコスト まとめ

今回は、エクストレイルハイブリッドのランニングコストについてまとめてみました。

SUVのハイブリッドはもはや定番化してが、それと同時にSUVらしいアウトドアでの使い勝手は市場から離れていき一般道を快適に走るコンフォートに特化したものが多くなってきました。

エクストレイルのような、ある程度のヤンチャができるようなSUVは徐々に減っているのが現状です。

その中でも、アウトドアシーンでも活躍できる性能を残した上でハイブリッド&低燃費。

もちろん、快適にドライブも楽しむことのできるエクストレイルハイブリッドは数あるSUVの中でもバランスの良いステータスで人気にも納得できます。

車のランニングコストは安い方が良い、かといって乗っていてストレスを感じるようなつまらない車では嫌だ。

そんなワガママを満たしてくれるエクストレイルハイブリッドという印象でした。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする