【エクストレイル カスタム】パーツ 現行から旧型の人気パーツ比較

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

車好きならだれしも考える愛車をカスタムパーツでチューニング&ドレスアップ。

今回は、車好きからも支持の熱い日産エクストレイルの人気のカスタムパーツを先代のT30型~現行のT32型までピックアップしてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル カスタム】パーツで個性を出そう

冒頭でもお話ししたように、エクストレイルのカスタムパーツを考えてみます。

人気車種だからこそ、見た目の個性を周りより一味違ったドレスアップをするのもいい。

あるいは、エクストレイルの特徴ともいえる本格SUVとしての能力に磨きをかけアウトドアに特化した実用的なカスタムをしても楽しいでしょう。

また、あえてアーバンスタイルを貫き街中でも一際煌びやかに生えるようなカスタムをするのもいいかもしれません。

エクストレイルは、多種多様なカスタムに適応できるポテンシャルを秘めた車なんです。

今回は、サスペンションなどの足周りからライト周りなど一通りの人気パーツをいくつかピックアップしてみます。

人気車種だからこそ、純正品や社外品を問わずカスタムパーツの流通は豊富ですよ。

【エクストレイル カスタム】T32の人気カスタムパーツ

現行型のエクストレイルT32型のデザインの大きな変更点といえば、更に大きく主張するようになった日産の新シンボルとしての「Vモーショングリル」ですよね。

マイナーチェンジとなるT32型後期は特に、縦幅が大きく設計されたことによりカスタムに置いても、これも生かさない手はありません。

引用:https://minkara.carview.co.jp/userid/968793/blog/41812931/

・grow T32後期グリル 参考価格 34,800円

エクストレイルT32後期の主張の強いグリルを、さらに個性的にドレスアップ。

レッド&ブラックの塗り分けも対応とのこと。

T32後期グリルの縦幅を生かした、フロントに存在感と個性をだしてくれるカスタムとなります。

車の顔とも言えるフロントの印象をガラッと変えることで別の車に見えてしまうほどで、個人的にT32型のエクストレイルに関しては先代と比較して、アウトドアはもちろんですが街中でも煌びやかに生えるデザインになった印象です。

こういったカスタムが、T30やT31と比較するなら最も似合う型式と言えるでしょう。

引用:http://amzn.asia/d/60EegIx

・RS-R Ti2000 ダウンサス 参考価格 23,760円

街中でのデザインで個性派SUVとしてのポテンシャルが最も高いアーバンスタイルも似合うT32型のカスタムならダウンサスを考える方も多いでしょう。

元々、アウトドアユースに作られているエクストレイルのタフさも失わないためにもサスペンション選びも重要ですね。

車好きからも評価も高いRS-Rのダウンサス、実用的かつスタイリッシュな車高を実現しチタン素材によってヘタりにく、永久保証付きと至れり尽くせり。

引用:http://amzn.asia/d/8nRdoe2

・secound stage エクストレイル T32 インパネ 木目 参考価格 12,960円

T32型のエクストレイルで、走行性能や先進安全装備以外の先代から変わった点は内装の質感です。

現行のエクストレイルは、革素材の内装とそのステッチやメッキパーツの取り入れで高級感のある内装へと変化してきました。

これをワンランクアップさせるのであれば、木目インパネへのカスタムが良いでしょう。

革素材との相性も良く、さらに上質な空間を演出できますよ。

スポンサーリンク

【エクストレイル カスタム】T31の人気カスタムパーツ

T31型エクストレイルは、その四角いフォルムにより現行のT32型のエクストレイルより視覚的に大きく見えます。

どっしりとしたフォルムから、T32型エクストレイルのようなアーバンスタイルよりアウトドアを意識したカスタムが人気なようです。

引用:https://tk-tech.jp/?pid=12168751

・T31 エクストレイル バグガード 参考価格 18,000円

アウトドア向けのカスタムは、ワイルド感を出すドレスアップだけでなく実際の仕様で機能的かどうかも評価ポイントになります。

T31型エクストレイルバグガードは走行中の空力を利用してフロントガラスへの虫とびを防止します。

キャンプへ出かけたりすると自然の中の走行なので、フロントガラスに蚊やハエが付着することがしばしばありますね。

それを防止するバグガードは、機能的ですしフロントの見た目にも存在感のあるカスタムです。

引用:https://tk-tech.jp/?pid=27060483

・T31 エクストレイル DOTARM フォグランプステー 参考価格 67,400円

オフロード感をT31型エクストレイルで出すなら、フォグランプの取り付けは定番ですね。

ただ、フォグランプを付けるのではなくフォグランプステーを施工することでワイルドな雰囲気は倍増しますよ。

金属パーツで気になるのは「錆」ですよね。

実際にキャンプや海、川へ行くのであれば余計に気になるところ ステンレス製で走行にも影響のない4kgという重量で人気のカスタムパーツとなっているようです。

引用:http://amzn.asia/d/58J62p0

・BRIGHTZ エクスレイル T31 フロントバンパーガード 参考価格 18,972円

先ほどの、フォグランプステーでは大きさや主張が強すぎて好みではないという方にはこちら。

さり気ないドレスアップとしてフロントバンパーガードは需要があるようですね。

フレームの傷防止にもなりますし、T30型のエクストレイルにも言えるのですが現行のT32型と比較してフロントのデザインが物足りないという意見も多く、フロントバンパーでどっしりと構えるカスタムは人気な印象です。

スポンサーリンク

【エクストレイル カスタム】T30の人気カスタムパーツ

初代エクストレイルとなるT30型エクストレイル、初代ともなるとレトロなフォルムで現行のT32型エクストレイルと比較して大きく外観のデザインが違うことが分かりますね。

ドレスアップで意識されるのは、あえて旧型な雰囲気を残すカスタムが人気です。

引用:https://auto-style.jp/productsearch/info/IMP23111110001/

・IMPUL T30 エクストレイル フロントバンパー エアロ 参考価格 82,360円

一昔前のエアロパーツでのドレスアップは、旧車好きの方には特に人気なようです。

エアロパーツで、見た目も大きく存在感のあるデザインになります。

無理に、新型のような雰囲気をだすよりは元の形を大事に趣向を出すのが良いのでしょう。

引用:https://auto-style.jp/productsearch/info/JOS231118R2A08/

・JAOS マッドガード 参考価格 11,232円

T30型エクストレイルは、T31やT32とデザインを比較して最もオフロードの似合うデザインとの声も多く、マッドガードが良く似合います。

実際に泥などで汚れたマッドガードを目にすると、ワイルドな印象かつ周りから楽しんで車に乗っている印象を持たれますよ。

【エクストレイル カスタム】パーツ まとめ

今回は、T30からT31そしてT32型にわたる歴代のエクストレイルのカスタムパーツをいくつかピックアップしてきました。

流石は、日産の人気車種と言うべきほどカスタムパーツの流通量、レパートリーは素晴らしい。

同じエクストレイルでも、年式別にデザインの印象がガラッと変わり数あるカスタムパーツを加味すると、まさしく十人十色でエクストレイルは様々な表情を見せてくれました。

購入する時にウキウキ感と、乗り出してからカスタムするワクワク感は期待以上にあり、エクストレイルはSUVとしてのカーライフを充実させてくれる楽しい車として今後も、安定した人気を獲得するだろうと思いました。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする