【エクストレイル 中古】相場 人気車種の相場と値引きについて

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

今回は、エクストレイルの中古車の相場と中古車でも少しでもお得に買いたい方への値引き幅。

そして、中古車を購入する際のチェックすべきポイントや税金や保険についてをまとめてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル 中古】を購入する理由

エクストレイルに限らず中古車を購入する理由は人それぞれで、購入するメリットをいくつかまとめてみました。

・ワンランク高いグレードが中古車だと同じ値段で購入できる。

・生産終了となった車に乗れる。

・新車より安く、メンテナンスや保管状況によっては差はない。

といった感じで、エクストレイルのマイナーチェンジ前のT32が好きという方。

あるいは、T31など現行と大きく異なったフォルムや現行モデルにはないディーゼル車などエクストレイルの中古車を購入するメリットはたくさんあり、十分な理由となるのです。

スポンサーリンク

【エクストレイル 中古】人気車種の相場と値引き幅

エクストレイルを中古車で人気の車種についてまず、リサーチしてみました。

中古車ということで、T32にT31そしてT30型と年式別に人気の車種の流通している数で考察してみます。

現在の大手中古車販売サイトでは、一つのサイトあたり日産エクストレイルはおよそ4000台ほど国内で登録されています。

内訳と人気グレードと特徴を型式ごとに整理してみます。

引用:https://www.goo-net.com/

・T30系 エクストレイル

登録台数およそ300台とエクストレイル中古車の中で最も少ない。

旧型のエクストレイルは現行のT32と比較して、決定的な違いはディーゼル車が採用されていた点です。

ディーゼル仕様は希少で、登録数も少ない。

登録数と人気があるのはXグレードとSグレードで、シートヒーターを搭載している車種が特に人気の様です。

中古車相場としては、車体価格のみで最安値7万7000円で、走行距離が短く5万kmを切ってくるような状態の良いエクストレイルは最高値140万円ほど。

T30系のエクストレイルで最も高いクラスの中古車となると、年式の割に距離が良く車両自体のコンディションが良いことに加え、コアユーザーへ向けたカスタムコンプリートカーが多数登録されていました。

T30系が生産終了で、車として当時高く評価されていたことから前述したようなカスタムコンプリートカーの需要も多いようです。

新車時の価格が220万円で、当時のSUVではコストパフォーマンスに優れており200万で買えるSUVとして大衆の目を引いたT30系エクストレイル。

現在の価格は最高値でも140万円で、80万円の値引きとなり半分近くの値段で状態の良いものが購入できます。

引用:引用:https://www.goo-net.com/

・T31系 エクストレイル

登録台数およそ1000台とエクストレイル中古車の中で2番目の流通量のT31エクストレイル。

2代目エクストレイルとなるT31型は「タフギア」のコンセプトの元、2.5リッター4気筒エンジンと新しく開発された2リッターのディーゼルターボが特に人気となりました。

ディーゼルを採用した実質、国内最後のエクストレイルで中古車としても最も流通が少ないです。

最近のクリーンディーゼルの基準を最初に満たした車としてもT31系のエクストレイルはいわゆる名車となります。

現行エクストレイルでも採用されている、小傷を自動的に修復するスクラッチシールド塗装もこの型から採用されています。

中古車価格相場としてもディーゼルターボ車は人気と希少価値の高さから10万kmを超えるものでも最安値75万円から。

走行距離が短く状態のよいディーゼルターボ車は200万円以上と中古車相場では高い印象です。

新車時の購入価格が当時、250万円だったので比較してもあまり値下がっていない。

流通量と、T31型のルックスにより固執する場合、T31のガソリン仕様がコストパフォーマンスがよく120万円程度で状態の比較的良いエクストレイルに乗れることから20Xのグレードの人気が高い。

また、坂道発進の先進安全装備はこのT31型から搭載されるようになっており、AT車に関してもCVTへ変更され走行性能が格段に向上した。

上記の先進安全装備や走行性能にメリットを感じるのであれば、リーズナブルな価格でオススメしたいですね。

引用:https://www.goo-net.com/

・T32系 エクストレイル

エクストレイル中古車の市場で約2000台の登録台数で大半を占めるのは、現行のマイナーチェンジ後を含むT32型のエクストレイル。

しっかりと基本性能をアップさせながらも、ディーゼル車の国内発売がなくなりハイブリッド車が新しくラインナップされたT32型エクストレイル。

年式自体が新しいこともあり、価格はマイナーチェンジ前のT32型前期が走行距離5~7万kmで130万前後が最安値。

中古車というよりは、ディーラーの試乗車やデモカーなどが新古車で出品されている状態が多いのが目を引きます。

価格が高いものだと、デモカーやカスタムコンプリートカーが多く新車の状態と価格の差はほとんどなく250万前後が基準の相場ともいえる。

そして7人乗り仕様はエクストレイルの中古車の中でもT32を選択するメリットの一つとして挙げられる。

価格こそ5人乗りと差異はなく、ハイブリッドモデルでの新古車もしくは走行距離の少ないT32系エクストレイルは旧型と比較しても高値で取引される傾向にあるようです。

7人乗りの20Xに関しては、流通量も少なく価格もT32型の中ではリーズナブルでおすすめしたい。

新車と同じく、値下げ交渉による値引きが賢明でしょう。

安く、現行エクストレイルに乗りたいのであればT32前期型がおすすめできるでしょう。

特に、流通量が多く人気の20Xのグレードがねらい目。

最新のT32型はマイナーチェンジから時間がある程度経過していることもあり、少しずつでは流通量と価格に落ち着きが見られており、T32型前期に関しては新車を購入するよりは価格に関してお得になってきた印象です。

早い時期であるほど、状態の良い車両が手に入りやすいのでタイミングとしては悪くないかもしれません。

また、値引き交渉も最新モデルであればショップ側が新車購入の促進として出品している場合も多いため旧型モデルと比較すると交渉しやすい。

参考までに、新車購入の場合だと30万前後の値引きが目安だが、中古車の場合すでに値下げをある程度してから販売するので10万円を基準と考えるのが一般的です。

スポンサーリンク

【エクストレイル 中古】 購入時のチェックポイント

エクストレイルの中古車を購入するにあたって、安いからと簡単に購入を決断してはいけません。

購入してからすぐ、故障や思っていたのと違ったなんて結果を未然に防ぐためにも購入時のチェックポイントを覚えておきましょう。

①外装と内装の状態を把握する。

外装では、バンパーやボンネットなどボディ表面に傷や凹みがないかをチェックします。

事故歴や修復歴がないからといって車両に不備がない訳ではありません。

塗装の状態も色あせがしていないかなどもチェックするポイントで、不安があれば販売スタッフにも確認するのがよいでしょう。

内装においても、最近ですと車載用のスマホホルダーのテープ跡が付いている場合もありアフターサービスで車内クリーニングの有無もチェックしておきたいですね。

②エアコンなどの動作

冷暖房はしっかりと機能するか、窓の開閉やキーの動作とシートヒーターがあれば要チェック。

一見、動作不良化と思っていてもバッテリーの寿命が近く電飾パーツの動きが鈍くなっているだけの場合もあるので購入時に新品にしてくれるショップもあるので聞いてみると良いでしょう。

③エンジンルームやタイヤなど

エンジンルームの状態を確認しましょう。

見える範囲で不備がないかをチェックし、整備記録簿があるのがベストです

走行距離が少ないから安心ではなく、仮に長距離でもオイル交換の頻度などで性能が左右されます。

あらかじめ、メンテナンス状況を把握しておくことで納車までの整備の間に不備があると無償で交換or修理してくれる場合もありますよ。

最低でもこの3点のチェックはしておきましょう。

また、自信のない方は車に詳しい友人に同行してもらう、あるいはショップスタッフの説明を細かにお願いするのが良いです。

【エクストレイル 中古】 忘れてならない税金や保険

エクストレイルを中古で購入する場合と、新車で購入する場合でも税金や保険が車を購入することで発生することを忘れてはなりませんね。

ここでは、エクストレイルの税金と保険を型式べつに整理します。

①T30系 エクストレイルの場合

まず、前提としてT30系のエクストレイルは10年以上の車両となるので自動車税に関しては減免等はないことを理解しなくてはいけません。

自動車税に関しては初年度登録から13年経過で10%ほど税額が高くなり、ディーゼル車の場合は11年経過で納税する額が増えます。

①T30系 エクストレイルの場合

1年間の自動車税 39500円

1年間の自動車重量税 16200円

1年間の自賠責保険  16350円

合計  72050円

②T31系 エクストレイルの場合

1年間の自動車税 39500円

1年間の自動車重量税 16200円

1年間の自賠責保険  16350円

合計  72050円

③T32系 エクストレイルの場合

基本的に、これらの額は共通となりますが、T32型のエクストレイルの場合、年式が新しいためハイブリッド車両かつ初年度登録の新古車を購入する場合に有利です。

エコカー減税対象は初年度の自動車重量税の減免がされるため、T32型エクストレに関しては最大で1800円の支払いで済むので中古車を検討する場合は登録年度もチェックした方が良いでしょう。

1年間の自動車税 39500円 ※登録年度による

1年間の自動車重量税 16200円 ※登録年度による

1年間の自賠責保険  16350円

合計  72050円

基本的には、車両の排気量と区分によって納税額と自賠責保険は決定されるので旧型においては特に費用の差異は気にならない。

旧型のエクストレイルは購入時の金額こそ現行モデルと比較して安く購入できる分、納税額やメンテナンス等での維持費が高くつく。

T32型の特にハイブリッド車に関しては、購入金額こそ旧型と比較すれば高いと感じるがメンテナンスや納税額に関しては有利と言えるでしょう。

車両の状態に関しては、先ほどの購入時のチェックポイントと前のオーナーの使い方しだいで大きく変わる部分はあるが、年式による納税は明確に金額がわかるため購入後の維持費の参考にしやすいので知っておくと良いでしょう。

【エクストレイル 中古】相場 まとめ

エクストレイルの中古相場について、購入時のチェックすべきポイントや税金等を含めてまとめてみました。

新車で購入するのも良いですが、中古車も車の楽しみ方の一つとして大いに選択する余地はあるかと思います。

特に、旧型のエクストレイルに関しては今だにファンが多く、カスタムコンプリートカーに関してはSUVの中でもクオリティの高い車種が多いです。

興味をもたれたら、一度探してみると非常に楽しいですよ。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする