【エクストレイル ディーゼル】燃費や評判を口コミで評価してみる

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

旧型のエクストレイルディーゼルは、新型のエクストレイルから外れていることもあり中古での購入を考えている方も多いでしょう。

エクストレイル ディーゼルが新型エクストレイル国内仕様で採用されなくなったその背景と、なぜ今だに根強く需要があるかの理由を含めて口コミ評価、その評判をまとめてみました。

スポンサーリンク

【エクストレイル ディーゼル】新型国内仕様で消えた訳

引用:https://www.nissanusa.com/vehicles/crossovers-suvs/rogue.html

エクストレイル ディーゼルは、なぜ新型国内仕様で消えたのでしょうか。

海外向けのエクストレイル「ローグ」ではエクストレイル ディーゼルもとい、ローグ ディーゼルとして今も発売されています。

つまり、日本国内の需要が理由となりました。

というのも、エコカー減税が直接的な問題として絡んおり、国内のエコカーに対する関心度は海外のそれとは大きく異なります。

年々、エコカーの基準は厳しくなる傾向にあること、日産が現行のエクストレイルに関して調査を行った結果、ディーゼルorハイブリッドで比較してみるとディーゼルが良い、ハイブリッドが良いという結果にはならず低燃費であればどうちらでも良いという内容でした。

技術の進化と共に、開発当初の段階ではディーゼルの性能と比較して遜色ないレベルのハイブリッドで、少しでも燃費を良くしたいという思いが背景にあります。

スポンサーリンク

【エクストレイル ディーゼル】燃費や評判を口コミで評価

引用:https://www.goo-net.com/

エクストレイル ディーゼルは前述した理由で新型エクストレイルから廃止されているにも関わらず、興味をもたれるのでしょうか。

ディーゼルの低燃費と軽油のランニングコストの低さはもちろんですが、ディーゼルではなくエクストレイル ディーゼルだという事も重要です。

エクストレイル ディーゼルは発売当初、世界初のクリーンディーゼルとして当時の基準を満たしたSUVだからです。

クリーンディーゼルの名に恥じることなく、燃費も十分良いです。

・カタログ値 燃費 6速AT 4WD ターボ 14.2km/L

・カタログ値 燃費 6速MT 4WD ターボ 15.2km/L

加えて、レビューを調査すると実燃費もSUVとしては優秀で

・実燃費 燃費 6速AT 4WD ターボ 12.45km/L

・実燃費 燃費 6速MT 4WD ターボ 13.87km/L

とカタログ値通りにいかないのが良くありますが、エクストレイル ディーゼルに関しては実燃との差はそこまで開いていません。

そして、当たり前ですが軽油の価格の安さも加味すると非常に低燃費であることが分かりますね。

エクストレイル ディーゼルは低燃費だからという理由だけで、注目されているのではありません。

エクストレイル ディーゼルは、現行より旧型のT31型エクストレイルで採用されており、そのグレードは20GT ディーゼルターボのみのラインナップです。

この強気なグレード設定は日産として走行性能に対する自信とも感じ取れる。

当時の新しく追加された6速仕様と、ディーゼルターボによって走行性能はユーザーからも評価が高い。

ここで、いくつかエクストレイル ディーゼルの口コミ評価を抜粋してみましょう。

・今現在の走行距離5万kmで、平均燃費は19㎞でかなり満足しています。

回転数を上げないように普段の通勤なんかでは、運転していますね。

・平均燃費は13km程度、走行距離は10万kmを超えているので大方満足している。通勤で峠道を超えなくてはいけないのですが、パワーに余力を感じるほどに快適に走行します。

オフロードは現行モデルより得意かと思っています。逆に都心の渋滞なんかは苦手ですね、燃費も落ちます。

・走行安定性が抜群にいい、最新のクリーンディーゼルと比較してもエクストレイル ディーゼルの安定性は良い。

・トルクの良さが体感できるレベルでいい、山岳地帯や高速道路でのパワーの余裕ぶりは安心感がある。

といった感じになりました。

エンジンパワーは言うまでもなく、かなりの好評価で走行安定性に関しても口コミ評価ではいい成績と言えるでしょう。

低燃費とはいっても、最新の低燃費車種にこそ劣るものの、パワーバランスを考えたら期待以上にコストパフォーマンスは良いでしょう。

スポンサーリンク

【エクストレイル ディーゼル】中古購入ならおすすめは

先ほども少し触れましたが、エクストレイル ディーゼルを購入するのであれば中古購入が前提となります。

海外のローグを購入することは不可能ではありませんが、現実的ではありませんし、またそのメリットはあまりありません。

ですので、購入するのではあれば現在流通しているエクストレイル ディーゼル 中古としてT31型 20GTのモデルが良いでしょう。

中古車サイトをご覧になった方ならば、すでにご存じかと思いますがT31型 エクストレイル ディーゼルは2通りのグレードが存在します。

20GTと20GTSのグレードが存在し、以下のような仕様の違いがあります。

・搭載される純正スピーカー数 20GT 6スピーカー 20GTS 4スピーカー

・ヒートシーターの有無 20GT (有り) 20GTS (無し)

・オートスピードコントロール 20GT (有り) 20GTS (無し)

・ホイールとそれに付随するタイヤサイズ 

ホイールとタイヤに関しては中古車両となるのであまり、気にする必要はありません。

しかし他は、購入されるユーザーのニーズ次第では必要となるかもしれません。

現行での最廉価モデルにも「S」の表記がありますが、ざっくりと20GTがハイグレード20GTSがお買い得仕様ということで良いでしょう。

そして、どちらも共通して6速4WDでATもしくはMTのグレードがラインナップされています。

次に、エクストレイル ディーゼルの中古車相場を考えてみましょう。

・エクストレイル 20GT 64万円~219万円

・エクストレイル 20GTS 118万円~204万円

と以外にも装備の簡略されている20GTSがベースとなる20GTより平均価格としては高いのです。

問題は、その流通量にありそうです。

現在の大手中古車サイトに登録されている20GTの台数はおよそ100台20GTSは20台で5分の1程度とかなり少数です。

それ故に、希少価値が高く発売当初は車好きに好まれやすいディーゼルターボでどうせ乗るならば良いグレードでという傾向にあったのでしょう。

理由はともかく、装備充実で流通量も多く優良車両を見つけやすい20GTが購入するのであればお勧めです。

【エクストレイル ディーゼル】現行ハイブリッドと比較

エクストレイル ディーゼルと現行ハイブリッドを比較してみましょう。

①燃費性能 (いずれも4WD)

エクストレイル ハイブリッド カタログ値 20.6㎞/L 実燃費 13.68㎞/L

エクストレイル ディーゼル  カタログ値 14.2㎞/L 実燃費 12.45km/L

カタログ値こそ大きく離れていますが、口コミや実際のユーザーの情報を集計してみると実燃費ではそこまで差がないんですね。

冒頭で触れたように、少しでも低燃費が良いという意味ではハイブリッドに軍配が挙がります。

②加速性能

加速性能の評価をしてみましょう、参考に用いるのは分かりやすい0-100km/hの加速タイムとします。

エクストレイル ハイブリッド 8.3秒

エクストレイル ディーゼル 10.0秒

とハイブリッドの方が0-100km/hの加速タイムの結果としては、加速性能が良いという評価になりました。

とは言え、二つの結果で比べてみても以外にも最新である現行エクストレイルに近い記録に驚かされます。

エクストレイル ディーゼルがハイブリッドに明確に勝る点があるならば、燃料代でしょう。

エクストレイルのハイブリッドがガソリン、エクストレイル ディーゼルは軽油となるのでこの価格差は大きいです。

現在の価格で考えるとガソリンが149円軽油が128円なので20円もの価格差が開きます。

いずれにしても、中古が前提になりますがハイブリッドに近い燃費と加速性能を求めるのであれば価格の安いエクストレイル ディーゼルの購入は悪くない選択肢ですね。

【エクストレイル ディーゼル】燃費 まとめ

エクストレイル ディーゼルについてまとめてみましたが、旧型という事もありハイブリッドと比較して劣るかと正直思っていました。

しかし、いざ調査をしてみると意外と負けていない。

という評価ができ、低燃費、ハイパワーとして十分にコストパフォーマンスに優れたエクストレイル ディーゼルといった印象です。

加速性能こそ、新型エクストレイルに劣るかもしれませんが体感できるレベルでトルクが良い口コミは気になりますね。

本格SUV、当時のキャッチフレーズである「タフギア」にふさわしいエクストレイル ディーゼルでした。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする