【エクストレイル 新型】 の燃費と実燃費をレビューからまとめた

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

今回は、日産 本格SUV 「エクストレイル 新型」の燃費と実燃費についてまとめてみました。

3列シート7人乗りのグレードもあり大人数でアウトドアな休日を過ごしに遠方へドライブも想定されるエクストレイル新型の気になる燃費はどうなんでしょうか?

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】とは

引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1803/top/usp04.jpg.ximg.l_full_m.smart.jpg

エクストレイル新型は、2000年のT30型の初代の発売以降、日産を代表するミドルサイズのSUVとして人気の車種。

代表格として、日産の最新の技術を反映させながらもユーザーの幅広いニーズに答えるためにグレードや色をそれぞれ30通り、12通りと多種に展開しています。

今回のグレードでは、話題の自動運転技術はもちろん。

アウトドアユースで大活躍の防水シート

時代のニーズにもあったハイブリット仕様

日産を代表するAUTECH(オーテック)グレードに加え、フレーム構造と言った基本ベースまで細かい部分の変化と進化がされたマイナーチェンジをしました。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】のカタログ燃費

冒頭の通りこの記事では、エクストレイル新型の燃費についてフォーカスしていきたいと思います。

まずは、カタログの燃費を細かく仕様別に見ていきましょう。

①20S 2WD 2列シート ガソリン車仕様 16.4km

まずは、エクストレイル新型で最安の価格となるグレード20Sの燃費を見てみましょう。

カタログでは16.4㎞と大きい車体の割りには良い数字。

しかしながら、同じサイズ感でライバルとして考えられホンダ ヴェゼルが21㎞なのでエンジンサイズがエクストレイル新型が多きためか差が開きます。

②20X 4WD 3列シート ガソリン車仕様 15.6㎞

しかしながらら、4WDでシートが一列増えても燃費はカタログではそこまで差はありません。

燃費におけるライバルとの差はオフロードを意識したパワフルなエンジンと強固なフレームによる車両重量によるものでしょう。

引用:引用:https://www-asia.nissan-cdn.net/content/dam/Nissan/jp/vehicles/x-trail/1805/safe/safe_03_02.jpg.ximg.l_6_m.smart.jpg

そもそも目的とステータスの振りが違う印象です。

ただ、一昔前の世代のSUVと比べると当時の軽自動車並みの燃費になっているのだから技術の進歩を感じる方もいらっしゃるでしょう。

③20Xi HYBRID 4WD 2列シート ハイブリット車仕様 20㎞

燃費の大本命はやっぱり「ハイブリット」ですよね。

ここでは、4㎞ほど伸びています。

十分な燃費の良さではないでしょうか。4WDかつ最新エンジンで走りも期待できそうです。

スポンサーリンク

【エクストレイル 新型】の実燃費レビュー

さて、カタログでの燃費はまずまずな印象だったエクストレイル新型。

ですが、所詮カタログでの数値で重要なのは実走行での燃費ですよね。

ここでは、エクストレイル新型のオーナーの具体的な燃費を調べてみました。

・直線で信号の比較的少ない田舎道で燃費を意識してリッター17㎞ほど(ハイブリット仕様)。

・田舎の方を走って初めて15㎞。

・自動運転で高速に乗ってみたけど、15㎞で燃費は落ちました。市街地中心だと17㎞位なので相性が悪いのかも。

・ハイオク入れてます。高速を頻繁に利用するのですが20㎞がアベレージで優秀です。

・都内での走行で渋滞していても13㎞はすごい。

実際のオーナーの意見はこんな感じでした。

アウトドア向けにしては、十分な燃費という意見もある反面。

他車のハイブリット車と比べたら物足りない印象という意見もありました。

その燃費のとらえ方や実際の距離の伸び方はユーザーの使い方に依存する部分もあります。

しかし、客観的に見ても他のハイブリットのSUVと比較すると、燃費は若干弱気なのは正直な印象です。

ちなみに。

現時点で販売されているSUVの燃費のランキングを調べてみると、燃費ランキング第1位は「トヨタ CH-R ハイブリット」でカタログ燃費30㎞と2位のホンダ ヴェゼルハイブリットのカタログ燃費に3㎞の差をつけて堂々の結果。

「日産 エクストレイル 新型 ハイブリット」は13位。

さらには、日産のSUVでは1位ながらこの順位という事で燃費面では、やはり残念という結果に。

【エクストレイル 新型】で燃費を向上するには

前述したとおり、少し残念な結果になりました。

でも、安心してください。

普段の運転のちょっとした工夫で車の燃費は大きく変わってくるもの。

少しの手間ですが効果は絶大です。

もちろん、エクストレイル新型にかぎらず他の車での応用が利く部分があります。

ぜひ、この機会に実践してみましょう。

①実際に運転するコースを変えてみる。

やはり、エンジンに負荷がかかるのは勾配ですよね。

同じ目的地でも、坂道と平坦のバランスを変えるだけでも大きく燃費は変わってきます。

②車間距離を空けて走る。

これは車の惰性を利用して、燃費を良くしようという考え。

前の車のブレーキやアクセルに依存せず、車間距離を空けることによって無駄なブレーキやアクセルを踏むことなく効率のいい巡航が出来ます。

③適度にアクセルを踏む

意外と多いのが加速をゆっくり、アクセルを弱めに踏んで進んでいくことが燃費を良くすると誤解しているパターン。

もちろん、急加速はいけませんが適度なアクセルは加速に要する時間が当然ながら短くなります。

④回転数を意識してみる

車体が軽くてエンジンが小さければ燃費が良い訳ではありません。

排気量の多いエンジンだと少ない回転数で強い加速ができるので、エクストレイル新型も考えようによっては燃費を伸ばせますよね。

試しに意識して走ってみてください。

⑤エアコンを内部循環に、窓は閉める。

燃費を気にするなら空力も気にするとより良いでしょう。

外気循環の状態だと外の空域を取り込むため、無駄にパワーを消費するんです。

イメージ的にはパラシュートを考えるといいでしょう。

窓を閉めるのも同じ理由です。

場合によっては、窓を開けて車内に風を取り込むよりエアコンをつけて締め切った方が燃費が良いこともあります。

故に、無駄にガソリンを消費することなく加速し終えたら車間を空けて惰性で進む。

これによって燃費は大きく変わります。

どこ平気にもガソリンは消費するもの遠くへ行くなら、なおさら少しでも燃費は良くしたいですよね。

今回は燃費を良くする5通りのテクニックをご紹介しました。

特別に、車を改造したりする必要なくホントに簡単な心がけで燃費は大きく変わってきます。

是非、試してみてください。

【エクストレイル 新型】燃費 まとめ

少々、数値的には期待を裏切られた感は否めません。

しかし、それ以外では仕様とグレードのバリエーションでは頭一つ抜けているエクストレイル新型でした。

燃費を伸ばす方法を具体的に説明したのは、やはり使い方次第で大きく変わる部分であるからこそ。

燃費よりは、その使われるシーンを重視したSUVと言えるでしょう。

最近の車事情では、SUVジャンルでさえもが燃費や街乗りでの快適性を重視するあまりにアウトドアやオフロードでの性能を犠牲にするこが多い。

他の車種で、燃費や技術面をアピールしつつも本格的なSUVとして最新技術を盛り込みながら性能を向上させた今回のエクストレイル新型の評価はむしろ高いと思います。

今回、お伝えした燃費向上の方法には燃費以外のメリットもあります。

燃費を良くすることは余計な負荷を与えないことにも繋がるので、その車を長く乗るためにも良いことです。

普段の通勤や長距離運転では、燃費を少し気にして安全にドライブ。

自然の中でのレジャーでは、その分パワフルに走って存分に遊ぶ。

そんな乗り方をオススメしたいです。

X-TRAILがほしいなら、絶対考えよう!

 

https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、アウトドアを本気で楽しむための最も適したSUV車として人気が高いです。

日産エクストレイル(X-TRAIL)は、本格的な4輪駆動車でありながら、デザインも、走行性能も、価格も燃費一番バランスが取れた、同クラスのSUVの中でも人気が高い車です。

ガソリン車とハイブリッド車が選べ、日産のお家芸「プロパイロット」や「パーキングアシスト」といった先進機能も満載で、女性の方でも安心して運転できる優しさの面もあるけど、4輪駆動には妥協のない、本格SUVなんです。


先日買い換えた私の前の車、4回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高いっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引き交渉がうまくできればなぁ…」
  • 「たくさんディーラーを回るのは大変…」
  • 「しかもディーラーの売り込みがイヤ…」
  • 「やっぱり最安値で手に入れたい…」

などなど、悩みは尽きません…

車の情報をネットや友人から集めたところで、教えてくれるのは車の性能。

費用的なことなんて、誰も答えてくれません。

家族に相談しても、「じゃあ安いこっちでいいじゃない」と一蹴。

違うっ!そうじゃないんだ!

下取りより買取!

私の8年物の前の車、
ディーラーの下取りでは、他社からの乗り換えだからとおまけしてもらって、20万円でした。

値引き額はというと、この時点で
30万円値引いてもらっていましたので…

値引きの金額としては十分だったので、「もう一声!」とは言えない状況でした。

ここで、超興味無さそうにしていた妻に、「行きたいお店がしまっちゃうから帰ろう」と言わせ、いったん保留にしました。

次にディーラーに行くまでに
ある方法を試すと…
なんと、70万円も安く買えたんです!

もちろん最上位グレードでオプションもモリモリ!

最新の車は燃費も安全性能も装備も、
やっぱりいいですよ!

私みたいに自分のほしい新車を、納得できる金額でほしいあなた!

実は、ディーラーの下取り価格には裏があるんです!

ディーラーの下取り価格が適正なのか考えたことあります?

そこで、あなたにピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

「下取りは必ず一括査定サイトを使う」
これが最初のステップです。

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、大手下取り会社の最大10社があなたの車の買取価格を
競ってくれるので、結果的に値段が吊り上がります!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする